ゲーム感覚で楽しむクライミングスタイルとは

ボルダリングであれば、ありがちな運動の挫折パターンを回避できる特徴がいくつもあります。

体一つを使うものであるスポーツ

一般的にクライミングをするという場合には、ロープを使ったような本格的なものを想像するかもしれません。

ですが、ボルダリングの場合には、ジムなどで行うのであればそこで用意された人工的な岩壁を使って、体一つで登っていくというスポーツになります。

ルールはとても単純で、全身の筋肉を使いながら岩壁を上り、コースごとに設定された岩をつかんでいくというものです。
腕力を使うことはもちろん、足の筋肉も、全身の体重移動を意識する必要もあり、自分でそうとは意識せずとも全身運動をすることになるスポーツです。

自分のペースで登ることができる

普通スポーツを始めようとなると、それぞれのスポーツの中でルールに従って行う必要がある場合がほとんどです。

ですがボルダリングでは、あくまで最初にコースが設定されているだけで、あとは個々の意思によってスポーツをすることができます。

コースの中からどのようにゴールまでたどり着くか、ということもある程度は自分の意思で決めていくことができます。

体を支えるための筋肉の使い方なども、そのスポーツの中で自然と意識しなければならず、自分の体を目的のためになじませていくことができます。

クリアした瞬間の達成感を味わえる

ボルダリングはレベルがそれぞれに分かれており、まだ経験がないという人であれば初心者向けのコースにチャレンジすることができます。

コースは設定されていますが、どの手や足を使うかなどまでは指定されておらず、その点については自分のやりやすい方法を模索することができるのもポイントです。

コースを制覇したときには、自分で考えたやり方で登り切ったという証明でもあり、そこには大きな達成感が生まれることでしょう。
ランニングやウォーキングではなかなか手軽に得ることができない達成感も、ボルダリングの場合にはそれよりも短いスパンで得ることができ、挫折につながりにくいというメリットがあるといえます。

ゴールのためのやり方は一つではなく、アプローチを自分で考えていけるという面白さがあるのです。