健康を意識する人にもピッタリのボルダリング

ボルダリングをはじめることも実は健康維持のためにはとても大きなメリットがあるのです。

高まりを見せてきているボルダリングの知名度

これまでボルダリングというとあまりメジャーなスポーツではなかったかもしれませんが、近年この知名度が非常に高くなっています。
人工的な岩を上るという単純なスポーツではありますが、全身を使うために運動としてはとても高い負荷がかかることでも知られています。

室内ジムに通って始めることができますが、初心者から上級者までコースが設定されているため、幅広い人がチャレンジできることも始めやすい一つの理由といえるでしょう。

ボルダリングで必要になってくる筋肉とは

実際に行う際にはコースが決められているので、ただ単純に自分に近いところにある岩をつかんで上っていけばいいというものではありません。
設定されたコースに従って進んでいく必要があるため、あえてきつい体勢になるという状態が生まれてきます。

そのため、岩をつかむための手の力を使うだけではなく、姿勢を維持するために全身の様々な筋肉を使って登っていく必要が出てきます。

これが、全身を動かすということにつなgってくるため、自分から意識をしなくても自然と全身運動を行っているという効率の良い状態が表れてくるのです。

全身を使ったあとはしっかりと休息をとる

ボルダリングは全身運動ですから、自分でも気づかないうちに体の様々な箇所の筋肉を使っている、という状態になります。

自分ではあまりつらいと感じなくても、全身にまんべんなく負荷がかかっている状態ですから、翌日になってから筋肉痛が起きてくるかもしれません。

最初は特に自分の体の状態をよく理解していないことが多いので、ついペースを上げすぎてしまうことがあるかもしれませんが、それでは翌日に体が動かないというほどに疲労をしてしまうかもしれません。

まずは一つのコースに目標を定めて、必要以上に体を酷使することがないようにペース配分を考えながら、最初のチャレンジをしてみましょう。

初めて取りかかるときでも、決められたコースをクリアできたということは大きな達成感につながることでしょう。